日本輸血・細胞治療学会

会員専用サイト
ホーム > 医療関係者の方へ > 輸血副作用

輸血副作用

血液製剤は非常に安全性の高い製剤ですが、人の血液を原料とするため、輸血副作用を完全には回避することはできません。本ページは医療機関における輸血副作用の把握方法(症状項目、診断項目の統一基準)ならびに輸血副作用の現状を提示します。


輸血副作用の症状項目ならびに診断項目表


※最終更新日:2010/11/04

ヘモビジランス