日本輸血・細胞治療学会

会員専用サイト
ホーム > 学会概要 > 本学会について

本学会について

事業内容事業資料あゆみ事務局

事業内容


輸血医学・細胞治療学の進歩及び安全で適切な輸血医療・細胞治療を推進すると共に国民の保健衛生の向上に貢献することを目的とし、その目的達成のために次の事業を行う。

1.学術推進事業

1)学術集会等の開催
学会総会(年1回開催)・秋期シンポジウム(年1回開催)

2)表彰
学術奨励賞、村上記念賞各種

3)研究支援
造血幹細胞移植における造血幹細胞輸注時有害事象の実態調査、末梢血造血細胞採取における臨床多施設共同研究


2.教育出版啓発事業

1)学会誌の発行

合同輸血療法委員会
日本輸血細胞治療学会誌
ISSN 1881-3011
年間1号~6号 隔月発行

2)広報啓発
学会指針等の作成、 学会発刊物の刊行、メールマガジン(e-News)配信


3.人材育成事業

1)検査技師教育推進事業
技術講習会の開催・支援


4.調査事業

1)血液製剤使用実態調査(厚生労働省委託事業)

2)ヘモビジランス事業
輸血製剤副作用情報収集システムの運用


5.認定事業

1)認定制度
認定医制度、認定輸血検査技師制度、学会認定・看護師制度(自己血輸血看護師、臨床輸血看護師、アフェレーシスナース)、細胞治療認定管理師制度

2)I&A事業
視察員育成、施設認証


– 会員数
約5,800名 (2016年4月現在)


事業資料




あゆみ


1952年(昭和27年)
6月  前身の輸血研究会創設
1954年(昭和29年)
4月  日本輸血学会設立
1960年(昭和35年)
4月  第8回総会・第8回国際輸血学会(ISBT)総会同時開催(東京)
1991年(平成3年)
4月  認定医制度発足
1995年(平成7年)
4月  認定輸血検査技師制度発足
1996年(平成8年)
3月  第44回総会・第24回ISBT総会同時開催(千葉)
2002年(平成14年)
2006年(平成18年)
4月  有限責任中間法人日本輸血・細胞治療学会を設立
2007年(平成19年)
9月  学会認定・自己血輸血看護師制度発足
2009年(平成21年)
6月  一般社団法人日本輸血・細胞治療学会に変更登記
同        
11月  第16回秋期シンポジウム・第20回ISBTアジア部会同時開催(名古屋)
2010年(平成22年)
5月  学会認定・臨床輸血看護師制度発足
同         
7月  学会認定・アフェレーシスナース制度発足
2015年(平成27年)
5月  細胞治療認定管理師制度発足


事務局


一般社団法人日本輸血・細胞治療学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-14ユニテビル5階
TEL:03-5804-2611
FAX:03-5804-2612
E-mail: info@mail.jstmct.or.jp
Web Site:http://yuketsu.jstmct.or.jp