日本輸血・細胞治療学会

会員専用サイト
ホーム > 医療関係者の方へ > 医学・診療情報 > 診療報酬

診療報酬

輸血に関連する診療報酬
輸血業務の診療報酬は医科診療報酬点数表において、検査(D)、注射(G)、処置(J):血漿交換、手術(K)、放射線治療(M):血液照射の範疇に振り分けられる。

そのなかで、輸血は手術(K)のなかに入り、輸血を行うと手技料として輸血料(K920)および検査料(血液型、不規則抗体検査、交差適合試験、間接クームス試験、HLA検査、感染症免疫学的検査)、薬剤料(赤血球製剤、血小板製剤、自己血)、自己血貯血料、血小板洗浄加算、そして輸血管理料(及び加算)が算定できる。血漿製剤(新鮮凍結血漿)の輸血は、輸血(K)ではなく、注射(G)の項目に入る。


1)輸血に関連する診療報酬項目:輸血管理料及び加算(K920-2)(平成28年4月改定)
● 輸血管理料Ⅰ: 輸血患者(アルブミンのみ投与の患者も含む)1名につき220点/月
  1. 輸血部門において、当該保険医療機関の輸血業務全般に関する責任者として専任の常勤医師が配置されていること。
  2. 部門において、臨床検査技師が常時配置されており、専従の常勤臨床検査技師が1名以上配置されていること。
  3. 輸血部門において、輸血用血液製剤及びアルブミン製剤(加熱人血漿たん白を含む。)の一元管理がなされていること。
  4. 次にあげる輸血用血液検査が常時実施できる体制が構築されていること。
    ABO血液型、Rh(D)血液型、血液交差試験又は間接クームス試験、不規則抗体検査
  5. 輸血療法委員が設置され、年6回以上開催されるとともに、血液製剤の使用実態の報告がなされる等、輸血実施に当たっての適正化の取り組みがなされていること。
  6. 輸血前後の感染症検査の実施又は輸血前検体の保存が行われ、輸血に係る副作用監視体制が構築されていること。
  7. 5.6及び血液製剤の使用に当たっては、「「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」の一部改正について」(平成21年2月20日付薬食発第0220002号医薬食品局長通知)を遵守し適正に実施されていること。特に血液製剤の使用に当たっては、投与直前の検査値の把握に努めるとともに、これらの検査値及び患者の病態を踏まえ、その適切な実施に配慮されていること。
● 輸血管理料Ⅱ: 輸血患者(アルブミンのみ投与の患者も含む)1名につき110点/月
  1. 輸血部門において当該保険医療機関の輸血業務全般に責任を有する常勤医師を配置していること。
  2. 輸血部門において、専任の常勤臨床検査技師が1名以上配置されていること。
  3. 輸血部門において輸血用血液製剤の一元管理がなされていること。
  4. 輸血管理料Ⅰの施設基準のうち、4から7までのすべてを満たしていること。
● 輸血適正使用加算:輸血管理料Ⅰにおいては120点加算、輸血管理量Ⅱにおいては60点加算/月
  1. 輸血管理料Ⅰを算定する保険医療機関において,新鮮凍結血漿の使用量を赤血球濃厚液の使用量で除した値が0.54未満であり、かつ、アルブミン製剤の使用量を赤血球濃厚液の使用量で除した値が2未満であること。なお、新鮮凍結血漿の使用量は、新鮮凍結血漿の全使用量から血漿交換療法における使用量の1/2量を引いた量で計算する。また、アルブミンの使用量は、アルブミンの全使用量から血漿交換療法における使用量を引いた量で計算する。
  2. 輸血管理料Ⅱを算定する保険医療機関において,新鮮凍結血漿の使用量を赤血球濃厚液の使用量で除した値が0.27未満であり、かつ、アルブミン製剤の使用量を赤血球濃厚液の使用量で除した値が2未満であること。なお、新鮮凍結血漿の使用量は、新鮮凍結血漿の全使用量から血漿交換療法における使用量の1/2量を引いた量で計算する。また、アルブミンの使用量は、アルブミンの全使用量から血漿交換療法における使用量を引いた量で計算する。
● 貯血式自己血輸血管理体制加算:50点を所定点数に加算/月
  1. 関係学会から示されている指針に基づき,貯血式自己血輸血が十分な体制のもとに適正に管理及び保存されていること。
  2. 関係学会から示された指針の要件を満たし,その旨が登録されている常勤の医師及び看護師が1名以上配置されていること。

2)輸血に関連する診療報酬項目:検査料(K920)、血液照射料(M005)、薬剤料、注射料(G004)、自己血貯血料(K920)、血小板洗浄加算(K920)(平成28年4月改定)
  項目 保険点数 注釈
輸血に伴う検査等 輸血に伴う血液型検査(ABO、Rh) 48点 輸血を伴わない血液型検査は42点
不規則抗体検査 197点 検査回数にかかわらず1月につき1回、頻回輸血の場合は1週間に1回
交差適合試験 30点 輸血した血液1バッグごとに加算
間接クームス検査 34点
HLA検査クラスⅠ 1,000点 検査回数に関わらず1連につき1回加算
(HLA適合血小板供給の場合)クラスⅡ 1,400点
HIV-1抗体 114点 一連の輸血の最終日から起算して概ね2か月後に測定した場合、当該輸血について1回算定
HIV-1,2抗体定性又は半定量,HIV-1,2抗原・抗体同時測定定性又は定量 123点
血液照射 110点 血液照射を行った血液量が400Ml以下の場合110点、これ以降400mL又はその端数を増すごとに110点を加える
赤血球(同種血輸血)・血小板輸血の輸血料 保存血輸血1回目(最初の)200mL 450点 輸血の必要性、危険性等について文書による説明を行った場合に算定できる。
緊急の場合は事後の説明でも可。
6歳未満の乳幼児の場合は所定点数に26点を加算する。
2回目以降200mL
例えば初めて赤血球濃厚液-LR2(280mL)を1バッグ輸血した場合は450+350=800点となる。
350点
新鮮凍結血漿の注射料 点滴注射6歳以上500mL未満/1日 47点* *入院以外
輸血の必要性、危険性等について文書による説明を行った場合は50点加算。6歳未満の乳幼児の場合点滴注射42点、中心静脈注射50点加算
500mL以上/1日 95点
6歳未満100mL未満/1日 47点*
100mL以上/1日 95点
中心静脈注射 140点
自己血貯血 6歳以上(200mLごとに)液状保存 250点 当該医療機関において手術を予定している患者から採血を行い、当該血液を保存した場合に算定する。
凍結保存 500点
6歳未満液状保存 250点
(体重1kgにつき4mLごとに)凍結保存 500点
自己血輸血 6歳以上(200mLごとに)液状保存 750点 当該医療機関において手術を行う際に予め貯血しておいた自己血を手術時及び術後3日以内に輸血を行った場合に算定できる。
凍結保存 1,500点
6歳未満液状保存 750点
(体重1kgにつき4mLごとに)凍結保存 1,500点
希釈式自己血輸血 6歳以上の患者の場合(200mlごとに) 1000点 当該保険医療機関において手術を行う際、麻酔導入後から執刀までの間に自己血の貯血を行った後、採血量に見合った量の代用血漿の輸液を行い、手術時及び手術後3日以内に予め貯血しておいた自己血を輸血した場合に算定できる。 *算定する単位としての血液量は、採血を行った量ではなく、手術開始後に実際に輸血を行った1日当たりの量である。なお、採用しなかった自己血については、算定できない。
6歳未満の患者の場合
(体重1kgにつき4mlごとに)
1000点
血小板洗浄術加算 血小板製剤一バッグごと 580点 血小板輸血に伴って、血小板洗浄術を行った場合に加算する